「背開き」とは?意味や使い方

【背開き】

【背開き】とは

背開きとは魚の背筋にそって包丁を切り進め腹の皮がつながった状態で開きにするさばき方ですカマスなどの細長い魚の調理のほかアジやキスなどの小型魚の揚げ物に向いた開き方です魚を大きくみせることができ背ビレも残らないため食べやすいといったメリットがあります

【背開き】の言葉の使い方

日本には地域による食文化の違いがあります鰻の蒲焼きもそのひとつといわれています武家社会だった関東は腹を切らないから背開き商人社会だった関西は腹を割って話すから腹開きたまにはこうした由来を思いながら蒲焼きをいただくのもよいものです