「しょうゆ洗い」とは?意味や使い方

【しょうゆ洗い】

【しょうゆ洗い】とは

『しょうゆ洗い』とは、料理の下ごしらえの際に、材料にしょうゆを軽くかけ、あえた後、軽く水気を切る方法のことです。野菜のおひたしを作る際に『しょうゆ洗い』をすると、水っぽさが抜けて、味を引き締めることができます。『しょうゆ洗い』を魚や肉にすると、具材の生臭さを抑えることもできます。

【しょうゆ洗い】の言葉の使い方

ほうれん草や小松菜など、青菜ののおひたしを作るときには、お湯で茹でただけでは水っぽくなってしまうこともありますが、「しょうゆ洗い」をすると、素材に味がしっかり染みこみ、おいしいおひたしを作ることができます。