「たて塩」とは?意味や使い方

【たて塩】

【たて塩】とは

たて塩』とは海水と同じくらいの濃度の塩水のことです濃度は%水1カップに塩小さじ1杯強を溶かして作ることができますこの3%濃度魚介の体液に近い濃度なので旨みが溶け出すのを遅らせる効果があり貝の塩抜き魚介類のぬめりとりや洗浄薄い身の魚の下味として野菜をしんなりさせるなどに用いられます

【たて塩】の言葉の使い方

魚の身の薄い部分に振り塩をすると塩辛くなってしまいますそんな時はたて塩使うとまんべんなく薄い塩味がつき歯ざわりも良くなります白身魚やきすなどの魚に効果があります開き魚の臭み取りにもおすすめです野菜などでは酢の物に使うきゅうりの薄切りを漬けてしんなりさせて使用したり漬物としても使用します