「手粉」とは?意味や使い方

【手粉】

皆さんは「手粉」という言葉をご存知でしょうか。調理法の一種で、料理をする方なら聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「手粉」の意味を解説させていただきます。

【手粉】の読み方

「手粉」とは「てごな」と読みます。

【手粉】とは

手粉とはパンなどの生地をこねたり形成する際に手に生地がくっつかないように使用する粉のことですパンやクッキーの場合は「小麦粉」餅の場合は「上新粉」や「片栗粉」を用いますまた餅の場合はもちとり粉とも言われます

【手粉】の言葉の使い方

つきたてのもち米を丸めて餅を作りますこの手に生地が付かないように手粉をしますまた作業する台や板などにも生地がくっつくのを防ぐために打ち粉をします手粉打ち粉ともに付けすぎないように注意しましょう

手粉と打ち粉の違いは?

打ち粉は台や麺棒に生地がつかないようにするための粉のことです。

大きく言えば手と棒との違いです。

餃子の皮のように手粉と打ち粉が必要な場合には「薄力粉」を使うことで両方対応できます。

「打ち粉」とは?意味や使い方
打ち粉とは、パイやクッキー、そば、うどん、パスタなどの生地を作って、 大理石、または板などの台の上に置き、麺棒で伸ばすときに、台や麺棒にくっつかないようにするために、 少量を台や麺棒にまぶすようにつける粉のことです。 生地の材料によっ...