「手粉」とは?意味や使い方

【手粉】

【手粉】とは

手粉とはパンなどの生地をこねたり形成する際に手に生地がくっつかないように使用する粉のことですパンやクッキーの場合は小麦粉餅の場合は上新粉や片栗粉を用いますまた餅の場合はもちとり粉とも言われます

【手粉】の言葉の使い方

つきたてのもち米を丸めて餅を作りますこの手に生地が付かないように手粉をしますまた作業する台や板などにも生地がくっつくのを防ぐために打ち粉をします手粉打ち粉ともに付けすぎないように注意しましょう

【手粉】の読み方

「手粉」とは「てごな」と読みます