「手水」とは?意味や使い方

【手水】

【手水】とは

手水とは生地やたねを練る前に手にくっつかないようにつける水のことです餅菓子やお握りを作る前に手にくっつかないようにつける水も同じ意味です手水をすることによって料理の工程をスムーズに進めることができます

【手水】の言葉の使い方

お握りを握る時にはまず初めに手水が必要です手水をしないとご飯が手にくっついてしまい上手く握ることができなくなってしまうのでお握りを握る際には必ず手水を行うようにしましょう手水をすることで綺麗なお握りを作ることができます

【手水】の読み方

「手水」とは「てみず」と読みます。
同じ漢字で「ちょうず」と読むと、社寺に参拝する前などに手や口を水で清めること。また、その水という意味となります。