「とろみをつける」とは?意味と使い方

【とろみをつける】

【とろみをつける】とは

とろみをつけるとはソースや煮汁やープなどが水よりもとろっとした触感になるように水で溶いた片栗粉を加えることで汁の水分に濃度をつけることを言いますとろみをつけることにより具とソースなどが絡みやすくなり喉ごしも滑らかになります

【とろみをつける】の言葉の使い方

今日は夕飯にきんぴらごぼうを作ろうと思いますまずきれいに洗い皮をむきささがきに切りますそして色が黒くなってしまうので酢水にさらしておきますしばらくつけたら水気を切り熱したフライパンで炒め味付けします