「茶きん絞り」とは?意味や使い方

【茶きん絞り】

【茶きん絞り】とは

茶きん絞りとは芋やカボチャゆり根などを煮て柔らかい状態にしたものを濡らして固く絞った布巾などで包んでひねることによってきれいに形づけたもののことを言います昔から料理やお菓子に使われていますが近年では布巾の代わりにラップを使って絞り目をつける方法もあります

【茶きん絞り】の言葉の使い方

サツマイモの皮をむいて輪切りに水洗いします竹串がスっと刺さるほど煮込んだらお湯を捨て木べらやマッシャーなどでサツマイモをつぶします砂糖と塩を加えよく練って餡にラップの上にスプーン1杯ほどのせて包むように形を作りますラップ上部と餡をそれぞれ持ち反対方向にひねって餡にシワをつけます餡にシワがついて上部が尖った形になればサツマイモ餡の茶きん絞り完成です