「うの花」とは?意味や使い方

『うの花』とは、おからの別名です。豆腐を作る時に大豆を絞りますが、その際に出てきた水分は豆乳と呼ばれそのまま豆腐の材料になりますが、搾りかすの方は大部分が産業廃棄物として処理され、一部はおからとして販売されています。そのため、カロリーが低く、食物繊維も豊富に含まれているのにもかかわらず比較的安価に手に入ります。おからには他にも「雪花菜」、「大入り」などの別名がありますが、関東地方では主に「うの花」と呼ばれています。

「うの花」は低カロリーで食物繊維も多く、ダイエットには最適な食材です。
煮物の定番といえば「うの花」の煮物です。
「うの花」に煮汁をたっぷり含ませましょう。
焦げ付きやすいので「うの花」を加えたあとは、弱火でじっくり煮込みます。
生の「うの花」は日持ちしないので、早めに使い切るか冷凍にして保存することをお勧めします。
「うの花」は醤油だけでなく味噌との相性も抜群です。
前日の残り物のおでんに「うの花」を加えてアレンジ料理もおいしいです。
洋風アレンジで和食の苦手なお子さんにも「うの花」を食べてもらいましょう。
ハンバーグやコロッケに入れてヘルシーな「うの花」料理ができます。