「裏ごし」とは?意味や使い方

【裏ごし】

皆さんは「裏ごし」という言葉をご存知でしょうか。調理法の一種で、料理をする方なら聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「裏ごし」の意味を解説させていただきます。

【裏ごし】とは?

『裏ごし』とは、細かく刻んだ食材を、さらにペースト状になるまで混ぜあわせ、更にザルであったり、目の細かい布地などでその食材をこす事です。なぜ裏ごしをするのかというと、裏ごすこと角がとれたり、口当たりが良くなるからです。

【裏ごし】必要な器具は?

裏ごしするときに必要な器具は木べらなどのヘラ、裏ごし器、布巾です。(裏ごし器がない場合はザルとボウルで代用可能です。)完璧になめらかな食感にしたい場合は目の細かい裏ごし器を使った方がなめらかになります。

【裏ごし】するときの注意点

じゃがいもやかぼちゃなど、食材を加熱したものを裏ごしするときは食材が温かいうちに裏ごしするようにしましょう。食材が冷めると固くなるので裏ごししにくくなります。

もうひとつ、裏ごしするときに食材を多く乗せすぎないようにしましょう。力をいれにくかったり、食材があふれてしまうことがあります。

【裏ごし】の言葉の使い方

苺のムースを作るにあたり、粒の食感がある層と、滑らかな口当たりの層を作ります。はじめは粒のプチプチ食感を生かす為に軽めにミキサーにかけます。次にミキサーで細切れになったところを取り出して、更に布地でくるみ絞りだして裏ごしします。ここまでやる事で食感の差ができ、料理の幅も増える事でしょう。ただの苺のムースも抜群に美味しくなります。